2007年12月19日 (水)

記念撮影

Madman_3

終了日に撮ったMadmanのスペックがこんなかんじ。
基本は対Abyssの頃の構成のままだったりする。
あの頃はまだER巻いてると思い込んでたから、ERする間も無く3連撃で撃墜するしかねぇっとシュートの変わりにCQB上げてた。
ところがだなー、ある頻繁に戦ってた相手にこう言われた。
「マッド弱くなったぞ!あのバカみてぇに痛い攻撃なくなったぜ!」
シュート下げてる時にこんな事を言われて悔しかった事があった。
んでAbyssも天に召されたらしくて、実戦じゃCQBなんざさっぱり使えないから代わりにシュート上げて今に至るってな感じだな。
そんときのシュート上げの時にビームで上げようかとも思ったんだけど・・・
超めんどくさがりな俺は楽にバルカンで上げてしまったぜw
その後、ラック700ブームがあったりで殆どの人が回避に振っていったけど、俺はどうしてもSTR下げたくなかったんだよな。
なんでかっつーと、友人の家で彼のキャラ使わせてもらった時にさ、めちゃくちゃ避けるなーって感動したんだけど・・・
撃っても撃ってもダメージが入らねぇんだよw
Madmanと比べると確実に避けるんだけど、相手を倒すのにすっげぇ手間取るのな。
んなもんで攻撃系は下げないままステータスもそれまでの200-200-300の線で行くことにした。
って言いながらも、少し誘惑に負けて微妙に下げてしまったSTRの名残が最後まで残ってるけどw
PvPしながら戻していこうと思ってたけど戻りきらなかったぜw
ERも当時は80もあればバシバシ決まってたんだけど、俺が復帰した時はガクンと確立下がってた。
130無いとツライくらいになってたね。
って言いながら俺は100でも全然ツラク感じなかったんだけどなw
だって終盤は死ぬときはドバーばっかりになってたもんな。
ER失敗で死ぬよりもアホみたいな集中で蒸発だからERなんて関係ねぇw
適度な数でのカツカツのせめぎ合いなんて過去の話だわ。
そんで終盤は乗るMSもP振りが多くて、このキャラで撃つとダメの上がりがハンパ無くて気持ちよかったんだよなー。
ダム系のP振りでドムなんか撃つとそれはそれはDOMがゴミのようだったw
あんま避けないからその分撃たれたらこっちも相当痛いんだけどな・・・orz
ってな訳でこんなキャラでやってましたぜ。
まぁ・・・強い弱いっつーより好みの問題で構成決めてましたよw

| | コメント (50)

2007年12月18日 (火)

UCGO後書き

みたいなものを書こうかなーなんて思ってもみたんだがー
えらく長くなりそうなんで手をつけるのを躊躇してしまうw
とりあえずお世話になった皆様にお別れのご挨拶を・・・
散々最高のPvPを共にした廃人連合の皆様、散々悪口雑言を吐き散らしてくれた通称キモ軍団の皆様。
散々戦いまくった親愛なるブリ貧民の皆様、散々僻み妬み嫉みの3拍子揃った陰口を叩いてくれたシド貧民の皆様。
その他、色々面倒を見てくれたりワガママを許容してくれたりMSや武器を提供してくれたり熱い撃ちあいを交わしたりさっぱり知らないまったく無関係だった人達よ。
次のガンダムMMOで会おうぜ!
じゃぁまたな^-^ノシ

| | コメント (10)

2007年10月24日 (水)

占領地

ずっと占領地ってさ、開戦前に適当に戦って開戦するとバイバイってな感じだったから全然興味なかったのね。
勲章とか興味ねぇしさ、出来レースっぽいのがアホらしくてあんま行かなかったんよ。
んで先日、今回は敵さんガチで守るらしいぜ~ってな話を聞いたんでフラっと行ってみた。
えらい数の差でスコンと飲み込まれて「大規模ニャータイム」宣言された。
おぅおぅ、守ると言うなら攻めようじゃないかってな事で味方に声かけるも、最初はあんまり乗り気じゃなかったみたいw
「えらく大軍らしいよ」
「他都市攻めてる」
なんて消極的な答えが多かったんだけど
「敵さん、手ぐすねして待ってんだからそこを攻めねぇと遊びが成立せんだろ」
ってな数人の意見で一気に沸き立った。
EFも総力戦でいこうぜ!!
皆が方々に協力を求めて物凄い人数が集まってきた。
開戦すると、戦闘は熾烈の一言w
かなりの数の両軍の激突。
両軍共に、先に諦めてなるものかと意地と意地のぶつかり合い。
あの攻防はほんとに面白かったなー、目的があって結末がある戦いだから戦い甲斐もあるってもんだわ。
普段の都市襲撃はドバーと行ってドバーと押し返してってだけなんでイマイチ燃える要素に欠けるんだよな。
やっぱさ、守りきるぞー、攻め落とすぞーって明確な目的の為に必死で頑張るってのが面白いと思うんだよね。
都市での追いかけっこよりもあぁいう熱い衝突が主流になったら面白くなると思うんだけどなぁ・・・
ほんとあれは面白かった^-^


| | コメント (6)

2007年10月18日 (木)

系譜

最近はインしてもボーっとしてること多いんだよね。
IRCで呼ばれたり、何かに誘われたり以外は本読んでたり映画見てたりしてんのよ。
なんとなく昨日はアクティブに遊んでたんだけどさ、迎撃終わってシドニーで素ジムで立ってるとなんか後ろにジムトレがヘバりついてんのね。
「なんだこの背後霊は」
「ただの背後霊です。」
みたいな会話をしてて、なんか負けた気がするんで近くにいたLAにヘバりついてみた。
LA、素ジム、ジムトレと並んでるのを見て、誰かが「おぉ、ジムの歴史のようだ」と言ったのね。
さぁ、これでシドニーが騒ぎ始めましたよw
ワラワラと湧いてくるジムシリーズ。
ジム開発史を熱く語る人や、アレがねぇ、コレはこっちだ、誰かアレ作れよだのと町中大騒ぎ。
これで全部揃ったなって時に、忘れられた存在のMSの名前が出てきてまたバタバタしたりと・・・w
んで、なんだかんだでUCで実装されてるジムの系譜が完成した。
まぁ・・・だからなんやねんって話なんだけど、こんな些細なキッカケでワイワイとやれるてのがMMOの良い所だよな。
加速だチートだと萎え気味な所でさ、些細なくだらねぇことをみんなでガヤガヤと遊べたのが面白かったよ。
普段乗らないようなMSもわざわざ作ったりしてなw
その後の迎撃もスカっと決まって久しぶりにUC楽しめた夜でした。
手伝ってくれたみんなありがとね。
PhotoPhoto_2


| | コメント (9)

2007年10月14日 (日)

三国志の話でも2

サービス開始が延期になったようで・・・いい事だとおもう。
面白いという声もあればつまらんという声もあったみたいで、俺は後者だったのね。
合戦は面白いんだよな、合戦は。
けど他がつまらんw
レベル上げの段階はまだレベル上げって事が出来るけど、それが終わると何もすることがねーんだよ。
常時合戦があるって訳じゃないゲームぽいから、それ以外の所で遊べないと合戦以外はチャットツールになりそうだった。
そして何よりもさ・・・無所属のキャラは何して遊んだらええんだw
俺の感想は合戦も部曲戦も無しならほんとつまんねぇだろうなってことです。
合戦はほんと楽しいんだよ。
近接でも遠距離でもいい感じでバランスは取れてると思うしね。
投石器等の攻城兵器も強すぎず弱すぎずでいい感じだと思う。
戦術、攻撃、弓、妖術、で合戦を試したけど、概ね公平でどれでも楽しめたわ。
まぁ・・・そのバランスってのも、どんなゲームでも必ず存在する、自分視点でしか見れないDOMズルイ厨みたいな人もいるから色々だろうけどw
UCGOでもそうだけど、バランスクレーマーのクレームでバランサーが入ってグダグダになるってゲーム多いからねぇw
ビッグタイトルなんだからさ、もうちょい時間かかってもいいから煮詰めて面白いゲームになるほうがいいな。
あれだけの人数でも平気で遊べる優秀なエンジンなんだからさ、現状で見切り発車は勿体無いよね。
開発もそう思っての延期なんだろね。
まぁ、この結果を見るに、殆どの人の感想が、ゲームとして現状はつまんねぇって事なんでしょう。
FPSみたいな対戦ゲーとして合戦だけのゲームならそこそこ面白いけど、それじゃすぐ飽きるしねw

| | コメント (5)

2007年10月 5日 (金)

三国志の話でも

面白いって人も多いんだけど、俺にはクソゲーなのねw
なんせクエストがつまらんからプレイしてて苦痛だったんだよ。
クエストやる必要がまったく無いってのに気がついてからはサクっとレベル上がってストレスは減ったけど、なんせ普段やることがねぇw
合戦が面白いとの噂を聞いてたんで合戦を試すまではっとクソつまらないゲームだけど辛抱してやってた。
んで、昨日初めて魏対蜀の合戦に魏で参加。
結論から言うと、合戦はなかなか面白い。
初めてなんで慎重に様子見ようぜと言ってたのに盟主ラッキーが突撃死。
陣形の赤ラインがずんずん先に進むから俺も仕方なくついていくと巻き添え死w
で、こっからは勝手に動くことにした。
前線の上下が激しいから、動きをよく見て浮いた相手に減速技を叩きこむ。
すると味方の幻術や両手剣がすぐに処刑w
戦術技能おもしれぇわ。
上下の揺さぶりに面白いように蜀の兵士が浮き上がる。
不用意に突出しないようにラインを意識してりゃ勝手に敵兵が浮いて出る。
全体的に魏はMMO慣れしてるの多そうだったな。
UCのPvPでも同じだけど、周りが見えてる人達といれば連携取る事なんてなんてことない。
武将と反射の突撃兵と投石に気をつけてればいい感じで戦えるね。
見た感じで一番人数少なそうだから魏にしようぜ~って事で魏に入ったけど、魏つえぇわw
本サービスで色んな技が増えたら更に面白くなるんだろうけど・・・
課金はまだ悩むなぁ・・・
合戦は面白いんだけどね、それ以外でもうひとつなんか欲しいとこなんだよな。
でもなんだかんだで我らが部曲は既に全ての物資を部曲内供給できる生産体制まで確立してんだけどなw
欲しい物は全て誰かから貰えるから金も全然つかわねぇ。
で、部曲名は・・・
「菌八組」
菌八はいねぇけど菌八組w
黄河でやってるから見かけたら軍門に下れやぁぁぁぁぁぁw
んな訳で合戦は楽しかったですわ


| | コメント (5)

2007年10月 3日 (水)

Double standard

このゲームのプレイヤーはダブルスタンダードな人が多いw
敵軍と自軍とで適用する基準をすりかえて、同じ事をしても敵の行いは愚かで姑息だが我が軍の行いはスバラシイ。
今に始まった事じゃないけど両軍共にこういう非難がすっげぇ目に付くよ。
戦車で来たのに戦車で出迎えないのズルイとか・・・
そら身勝手すぎるだろって言ったら「戦車にMS大人気ないと思わないのか?」って言うんだろうなぁ・・・w
DOMで鬼逃げズルイとか・・・
そら大軍で追えば逃げるわって言ったら「逃げるなら襲撃来なかったらいいのに」って言うんだろうなぁ・・・w
まぁ日頃殆どをEFでプレイしてるからジオン側から見たEFの不満ばっかり耳に入るんだけどさ、同じことやってるのになぁって思うこと多いね。
EFでもジオンでも相手を非難するのはいいけどさ、あんた達も同じ事してるのになぁって思うよ。
もしそう言うと、「彼等のは無意味で、我々の行いはこういう理由が」ってなるんだろうな・・・
これぞ必殺ダブルスタンダードw
ま、今でも笑える俺の中でのUCダブルスタンダードの最高傑作は
「アルテはいいけどロンドはダメ」
わけわからんわwww

| | コメント (4)

2007年9月29日 (土)

何故にアッガイなのか

よく「なんでアッガイなの?」って聞かれるんだよな。
可愛いからって答えてるんだけどさ、実は色んな理由があったりするんだよね。
半年ほど休止してて、復帰したUC世界は超高速戦闘の世界だったの。
陸戦ガンダムですら遅く感じるほどの高速機体ばかり。
場面によっては3A78-2ですら遅く感じることさえある。
惜しみなくL4機体を投入する者もいれば、何故かそれに追いつく連邦兵やジオン兵もいるw
信じがたい速度で連射されて追いつかれて撃墜されるなんてこともよくあった。
ソレに対する報復で同じことするって人がいるんだろう。
どっちもコッソリと加速が蔓延してんだよな。
それに便乗して自分も速くする人を俺は非難はしない。
個人の遊び方に干渉するほど俺は偉くないからw
非難はしないけど自分自身では絶対行わない。
15%増しまではできる環境だけどしないw
何故って俺が加速に撃墜されると面白くないから。
同じ理由で俺はHGも滅多な事じゃ使わない。
合法なHGと違法な加速を同じ列で語るのはちょっとおかしいけど、あくまでMyルールの話なんでなw
要するに自分が落とされた時にやるせなさを感じるような撃ち合いはしない。
敵地で戦ってると、迎撃陣に多人数からHG連射で鴨撃ちにされることがよーある。
それに対して文句は無いんだよな、そら侵入者を血祭りにあげて楽しかろうとも思うし、防衛だからそりゃそれが当たり前で全然合法な行為だから。
けど、俺はHGで落とされた時は面白くねぇから俺もつかわねぇw
俺もL4機体は保有してる。
アッガイ以外のなw
HGも山ほどある。
加速制裁用にL4にHG積んで常にハンガーには置いてある。
けど滅多な事じゃ使わないのは勿体無いからじゃなくて、それで撃ち落しても相手は少しも面白くないだろうから。
それを常用したら相手も対抗手段として同じ手段に傾向せざるえないよね。
少しでも強い機体、少しでも速く、武器はHG標準って・・・
そんな応酬つまんねぇよな。
お互いにつまらんPvPを重ねて「つまらないスパイラル」が発生するだけだと思う。
んで、そんな陸戦ガンダムですら型遅れになりつつある現在のUC世界に違和感を感じたのね。
なんで陸ダムですら遅いんだよ、みーんなダムばっかじゃねぇかってな。
ガンダムだらけ、異常な高速戦闘、そんなのもういらねぇw
もういいや、俺ジムでいいぜジムで!
ジム相手に加速でもHG連射でも好きにしろや、ジムで皆殺しにしてやるぜ^-^
って思ってた時にアッガイを思い出したのね。
可愛いだけの愛玩MSと思われてるアッガイ。
この混沌としたUC世界でその愛玩MSで戦い抜いてやろーっと思ってアッガイ乗り始めたの。
まさに世紀末状態のUCに対するアンチテーゼのつもりなんだよ。
っていうローカルルールを持って遊んでたりします。
つまらないスパイラルを少しでも回避するためにね・・・

| | コメント (12)

2007年9月26日 (水)

人狩り

少し前から戦闘キャラの所属部隊が「せくしゃるばいおれっと」になってるのね。
生産キャラは難民なんだけどw
んで、突如親分が「痛くて強いヤツあつめよーぜー」って言いだしたのよ。
っつーか、EFの痛いヤツ殆ど揃ってるじゃんと思いながらも候補者を探しとくよーってな話で暫く時間が経過してたのさ。
んで、そんな話もすっかり忘れてた昨晩のおはなし・・・
その前日にVoltsのZoroから親分宛に大量のクエストアイテムを預かってたのさ。
んで、それを親分に渡すと・・・
「全然身に憶えがねぇけど、この大量のクエアイテムはなんなんだ!?」
とのこと。
えー、俺が聞き間違えたのかな?酔ってたから記憶に違いがあるのかも・・・なーんて少し心配になったんだけど、超いい加減な俺に物を頼むってことはこれぐらいの不具合は全然普通だよな^-^
って開き直ってたら親分がお礼と事情を探るを兼ねてZoroに会いに行ってたみたい。
どうやら以前に狩場で会った時にクエストアイテム集めてるんだーってな事を話してたらしくて、それを憶えてたZoroがプレゼントしたようだ。
さすが俺、完璧にオツカイこなせてるじゃん^-^
と、自分の才能に惚れ惚れしてると、親分がえらく気に入ったらしく、彼はどんな人なんだね?っと聞いてくる。
俺 「んー、生粋のシド貧民上がりのPverでシドニーじゃ珍しく腕の立つ部類に入るかな」
親 「そうか・・・ならせくしゃるに入れよう^-^」
俺 「えー、彼は隊長なんだよー」
親 「解散すれば問題ないだろ^-^」
ちょwwwなんかこの展開どっかでみたことあるぞ・・・w
俺 「彼は強くはあるけど・・・痛くはないよ?っつーか普通に普通だぞw」
親 「いいやつだからいいじゃん^-^」
俺 「それもそうだな^-^」
てな訳で隊員総出でZoro狩り作戦開始。
わらわらと集まりZoroの身柄確保。
ついでに野次馬に集まってた奴らもみんな巻き添えゲット。
面白がって一緒になって解散を迫ってたPURAも返す刀で解散をせまられてゲット。
PURAざまぁみろwww
まぁ・・・部隊が変わったっていっても別段何をするって訳じゃないから今までと何も変わらないんだけどねw
俺もボーっとアッガイで巣に立ってるくらいだし・・・w
なんつーか、形の少し違うPC狩りですよw
けど、こんな形でも交流増えると得すること多いし俺はこういうの好きだぜw
で、記念撮影でもしようということで、みんな手持ちで最高の機体乗れやーとの指示が飛ぶ。
よし、当然俺は4Aアッガイだぜ^-^
G-3に乗る人や78-2に乗る人、アッガイに乗る俺、トラックに乗る人・・・
と、とらっく???
なんでトラックよwww
猫王 「えー、だってFルナ満タンにJunk満タンにL4エンジン満載だもん・・・」
あー、納得w
人それぞれ宝物は違うもんだねぇとホノボノした一枚がコレ
Photo

追記
人に親切にしたら誘拐されるから気をつけたほうがいいぞ^-^


| | コメント (12)

2007年9月25日 (火)

聖戦

07年9月24日 21:00
聖戦は開始された。
聖地シドニーの高速道路にずらりと並ぶアッガイ戦士達。
アッガイをしいたけ呼ばわりし、不当な存在と罵り、我らの信仰を刈り取ると明言した蛮族たちと信仰を懸けて戦わねばならない。
己が信念をかけた戦いに臨む教徒たちの士気は旺盛である。
一触即発の緊張感の中、兵士達が呟きだす。
「アガーイ(・∀・)ニヤニヤ」
「萌え~」
「かわいすぎる><」
そう、結集したアッガイ達の相乗効果により、突如ヒーリングパワーが全開されたのだ。
あぁ・・・素晴らしきかなアッガイ神。
死を目前に控えた大戦にこれほどの情愛をもって臨める事がかつてあったろうか(;つД`)
そんなもふもふとした空気の中、「蛮族、西より来襲」との報が入る。
もふもふ戦士達は我に返り、続々と蛮族と交戦に入った。
聖地シドニー近郊における戦いは熾烈を極め、何体ものアッガイが火柱と消えた。
幾体もの犠牲を払い、永久に続くかと思われし戦いにも終焉が訪れた。
無数の屍の中、その時を迎えても我輩は立っていた。
ここに聖戦は終結された。
崇高なるアッガイをしいたけ呼ばわりし、不当な扱いを強いる輩は殲滅されたのである。
我々は、信仰の自由を取り戻した!
アッガイ正教団は壊滅の危機を免れたのである!!
これも敬虔なる諸君らの信仰の力によるものであろうことは明白。
ぽまいらアッガイ乗れよ^-^

てなわけでー、草イベ協力してみました。
連邦にアッガイや武器を提供してくれたジオン生産者の人ありがとー
ほんとありがとー、おかげであれだけのアッガイが揃いました。
運搬手伝ってくれた人もありがとー
おかげで作製に専念できたよ。
アッガイ以外のMSもいたり、ちょっと数のバランスが偏ってたぽいので萎えてた人もいたみたいだけど、個人的には激しく楽しめました。
メンテ明けからひたすらアッガイ作っては運んでを繰り返し、こんなに真面目にUCやったの久しぶりだわw
およそ7時間以上にも及ぶ生産、シタルネン正大師と俺の投資金額はおよそ5億w
ERを満タンにしてリリースするのが予想以上に金かかったよ・・・
シド生産者の武器提供やジオン側からの提供とか含めると物凄い額を投入したビッグプロジェクトだったねw
結果的にグダグダな所もあったみたいだけど、ジオンと連邦とで打ち合わせとかだけじゃなくて、協力してこういう遊びが出来るってのがすげーいいんじゃないのかな。


| | コメント (14)

«憎悪と親愛